婚活するならば、努力が必要!

私は30歳までは「結婚はすぐにできる。婚活なんてするのはモテない人の行動だ」と彼氏もいないくせに調子に乗ってそう思っていました。ところが、34歳になっても彼氏は出来ず、彼氏が出来ないどころか男性と出会いがあったとしても「何も努力していない34歳の女」には誰一人声をかけてはきません。

焦って合コンに行こうものなら、一緒に合コンに参加した若い20代の女子を盛り上げて引き立てる役でしかありません。まさに私は、結婚どころか恋人としての対象としても外され、孤独な地味なオバさんとして1人取り残されてしまったのです。

合コンの帰りのバスでは涙が止まらず、このままでは一生結婚どころか恋人すらできない…と怖くなりました。あんなに馬鹿にしていたはずの婚活の大切さを知り、そして今の私は婚活する資格さえない準備不足な女なことに気づいたのです。その日から私の女磨きは始まりました。

婚活をするためにまず見た目の改善から始めました。美容院に行き、自分のこだわりよりも「可愛いくて似合う」髪型にしてもらい、百貨店に行き、自分の個性に走るのではなく「品があり、清潔感のある女性らしい」服を店員さんに選んでもらいました。化粧品売り場に行き、今までの古くて自己流のメイクでは無く「今の流行を取り入れた透明感のある」メイクを教えてもらいました。

そして、肌のお手入れも入念にして、本気で婚活に取り組む準備を整えました。そして、いざ、合コンへ。以前とはあきらかに私に対する男性の態度が違いました。やはり、30歳を過ぎて結婚したいと願うなら、ただ待っているのではなく、本気で結婚したいという意欲と、それに向けた努力をまずはしないといけないのだと痛感させられました。